top of page
26244540_m.jpg

医療法人悠友会/合同会社ゆめプロジェクト合同採用情報

​精神科特化型訪問看護ステーションウェリナのご案内

絶対条件は「人が好き」であること

<私たちの歩み>

               2009年4月百合丘メンタルクリニック設立

                                                      2009年10月医療法人社団悠友会百合丘メンタルクリニックへ法人化

               2017年4月医療法人社団悠友会 精神科特化型訪問看護ステーションウェリナ設立

               2021年4月しんゆりメンタルヘルスクリニックを医療法人社団悠友会に合併  

               2024年4月訪問看護ステーションウェリナを医療法人社団悠友会から合同会社へ法人変更

 

 私たちは、2024年4月に「合同会社ゆめプロジェクト 精神科特化型訪問看護ステーションウェリナ」として、新たに生まれ変わりました。制度上、どうしても医療法人だけでは手が届きにくい、新たな社会的ニーズを小回りが利き、活動の幅が広い「合同会社」を通じて課題解決を図りたいと考えたからです。また社名を「ゆめプロジェクト」と名付けたのは、ウェリナを利用する人、そこに働く人、ウェリナに関わった全ての人が、「ゆめを持てる未来」、まさに「自分の人生のゆめプロジェクトの主役」であって欲しいとの願いからです。一度の人生、誰もが夢のある自分のプロジェクトリーダーであって欲しいと考えています。

​​

 私たちは「人の輪」に拘ります。「人は人でしか癒されない、人は人の輪の中でしか回復しない」と考えるからです。何かの縁で出逢ったスタッフもメンバーさんも、全部がこの街で暮らす仲間です。この地域の中で長年培ってきたネットワーク、地域の仲間、関係協働機関、在宅支援のノウハウが、私たちの最大の特徴です。しっかりとしたサポートで、あなたの「夢や希望」、もう一度一緒に追いかけてみませんか?そして、人生について 、生き方について、大いに語ろうじゃありませんか!!訪問範囲は、多摩区、麻生区、稲城市の一部、宮前区の一部、横浜市の一部となっています。

<いつでもどこでもお客さま第一主義の実践>

 私たちは固定概念や既成概念にもとらわれず、自由な発想で活動します。だから私たちにはヒエラルキーやセクショナリズムという階層主義は必要ありません。本当のチーム医療を目指すなら、その中に「先生」という呼称もいりません。だから、当グループでは医師も「先生」ではなく「さん」と呼びます。全従業員が、当たり前の「お客さま第一主義」を実践します。上司の顔色も医師の顔色も全く見る必要がありません。肩書への忖度は一切必要がなく、全従業員が当たり前の「お客さま第一主義」を徹底的に実践していきます。肩書きは役割であり、人間としての上下を現わすものではないからです。

私たちの活動の目的は、その人の「人間力の回復」だけだからです

我々は常にイノベーターであり続けるため、常識を一度疑い、壊すところから始めていきます。
困っている人がそこにいたら、何かお役に立てることはないだろうか、
見て見ぬふりは出来ないよね、と本質的な対人援助職を志した仲間の集まりです。
「人間学」をベースにそれぞれの基礎学問が、医学や看護学、社会福祉学であるだけです。
専門家をしたい人より、その人の人生の応援をしたい人の集団が我々です。

子育て中の方、シングルマザーの方、新卒の方、精神科、訪問未経験者の方大歓迎です!

当法人は子育て中のお母さん、お父さんを応援します。

子供の急な発熱、学校のイベント時はしっかり休んでください。

スタッフは「お互い様精神」で融通し合っているので、休みやすいのも特徴です。

2名での訪問を原則としているので、休みやすいのもあります。

事務スタッフも全員で助け合いながら仕事を進めております。

子育て経験者も多く、「子どもは国の宝、全員で育てる」ととても理解のある職場です。

そう、全てのことの基本が「お互い様」です。

一人一人が「お互い様」って思えると、対人関係の悩みのほとんどが解決します。

精神科の経験や知識は全くいりません。「相手を想う心」をご持参くださいませ。

人に対する愛が全てであり、私たちの、判断基準は「人間としての善悪」を基準にします。

どんなに素晴らしい知識や経験があっても、それを使う人間に人間性や人間力がなければまさに、「馬子にも衣裳」です。

だから、私たちは専門性より人間性・人間力を、人に対する愛を大切にします。

理念に共感して頂ける人、明るい人、前向きな人、高貴な志、向上心のある人、一緒に泣き笑いできる人、優秀な人より、

人間くさい人を募集します。

我々の価値観は「才能より人徳」です。

ONETEAMで仕事が出来る人、「人間」そのものと関わりたいと思っている人、そんなあなたをお待ちしています。

募集職種

百合丘メンタルクリニック

常勤保健師・常勤看護師

精神科未経験の方、シングルマザーの方、新卒さん大歓迎です!今年の新卒さんも、元気に活動しております。また、ブログを見て頂くと、活動が少し伝わるかもしれませんので、是非ご覧ください♪

百合丘メンタルクリニック

非常勤精神科医

週1日、木曜日勤務可能な非常勤精神科医の募集です。1日若しくは午前or午後半日だけでもOKです。

非常勤医療事務

週3~5日で土曜も勤務可能な方を募集しております。

​メンタルクリニック及び同施設内にある訪問看護ステーションの医療事務等に従事していただきます。

合同会社ゆめプロジェクト 訪問看護ステーションウェリナのスタッフ募集です

常勤保健師・常勤看護師 募集要項

 当法人の理念・指針のもと一緒に楽しいステーションを創って行く仲間を募集します。

今回の募集は、業務拡大のための募集となります。しかし、申し訳ありません、私たち精神科特化型方訪問看護ステーションなのに、精神科病院経験者は不可とさせていただいております。ただし、もし、あなたが精神科病院で働いてみたけど、何かが違う・・・と、そこに疑問や驚き、違和感を持った人、大歓迎いたします。その違和感はとても大事です。精神科や訪問看護に興味はあるけど、在宅支援に興味はあるけど、経験ないし・・・という方、大歓迎いたします!!今活動しているスタッフも全員が訪問は初めてで、ここで一緒に学んできた仲間です。勇気を奮ってその一歩を当グループで踏み出してみてください。一緒に悩み、一緒に考え、一緒に成長していきましょう。面白い仲間が待っておりますぞ(笑)

 

 子育て中の方、ブランクの長い方、精神科未経験の方、新卒さん、大歓迎します。ケアマネ経験者も大歓迎!!

私たちは、私たち自身の「人間力」を頼りに「その人その人の人生」に寄り添います。100人いれば100通りの人生があります。だから、病名でその人をカテゴライズする事は全くナンセンスだと考えています。「人間が好きなこと」「素直でいたい、ありたいと思っていること」「志が高い仲間と仕事をしてみたい、成長したい」この三つがあればOKです。介護保険、障害福祉サービスでケアマネをしていた保健師・看護師さん、企業・役所で保健師をしていた方も大歓迎です。

 

「人は人でしか癒されない、人の輪の中でしか回復しない」と私達は本気で思っています。

 

 訪問活動は原則2人で行ない、1人でメンバーさんのお宅へ訪問することはありません。保健師・看護師・精神保健福祉士、との2名体制訪問になるので、2人で相談しながらの訪問となります。利用者さんに最小の人間関係である「3人の場」を提供したいと考えているからです。必要なのは技術や知識、経験ではなく「人間学」に基づいた、「愛」や「利他の心」です。そして我々一人一人の人間的成長がより良いサービスの根底にあると考えています。スタッフも利用者さんも一緒に成長していける関係が最高ではないでしょうか。

 だからお互いに学び合える仲間、向上心を持つ仲間、志の高い仲間を求めています。基本的には医療処置はなく、傾聴・相談・生活の場面を広げるなど、その人の人生を伴走し、一緒にその人の生活の質の向上と、その人の夢を追いかけて行きます。一人で全てを判断をすることはありません。

 午前中3件~4件、午後4件~6件程度の訪問です。新人未経験者も大歓迎です。将来、当法人の中心となって活動して頂ける方、幹部候補生も大歓迎です。高貴な志だけお持ちください。

 

 話しを聞きに来るだけでもOK、お試し1日訪問もありです。また看護学生さんの1日体験や見学もありです。ぜひ、素敵な出会いを楽しみにしております。地域を支える在宅の場面を是非自身の目で確かめてみて下さい。それから考えるのも全然アリです。広く開かれた職場であり、風通しの良い職場です。

<当グループ企業(百合丘メンタルクリニックと精神科特化型訪問看護ステーションウェリナ)の特徴>
まず、有給が取りやすい、休日が多いのは大きな特徴かもしれません。また当グループ企業である百合丘メンタルクリニックとお隣さん同士で交流があるのも特徴の一つかもしれません。グループ企業の全スタッフが安心して定年まで働ける職場でありたいと、私たちは考えています。そのための一つに、当グループではグループの経営情報が全従業員に全て開示され共有されています。当グループ企業の通帳も、従業員であればパートさんもいつでも誰でもが全てを見ることが出来ます。また当グループでは、役職員誰一人、交際費や接待費という経費を認めておりません。それは、このグループ企業が、パブリックなものであり、ここで働く従業員のものであり、ここを利用する利用者さんのものでもあり、この街のものと言う考え方が基本にあるからです。自分が働く職場が、誰から見てもクリーンでクリアな経営をしているというのも、ここで働く従業員が胸を張れるものの一つと考えており、当グループの特徴と言っていいでしょう。使途不明金が1円もないクリーンでクリアな経営こそが、従業員がアイデンティティーを持ち安心・安全に長く働ける職場創りに繋がるものと考えているからです。また社内には、従業員による班活動が多数あり、その中の一つに「社内監査班」が設置されております。2か月に一度社内の全ての通帳と会計ソフト、領収書、出入金伝票が全て一致するかを精査し、全従業員に公表される仕組みとなっております。グループ法人として、ここに集う全ての人に誠実でありたいと考えています。
<訪問活動の特徴>
​取扱い保険は医療保険が100%です。入浴介助や医療処置、カテーテル処置などの身体ケア、見取りケアはありません。精神科に特化しています。訪問活動ですることは、その人の人生の伴走です。我々は、良き理解者であり良き仲間としてメンバーさんと供に、時を刻みます。その中から、その人の本当のニーズが見えてくるものです。そして、スタッフ全員が、精神科未経験者というのも特徴です。精神科の経験が無くても、質の高い訪問看護サービスが提供が出来る事を証明しているのが我々、精神科特化型訪問看護ステーションウェリナなのです。ブログを見て頂くと、ちょっとだけ活動の様子が見えるかもしれません。ぜひ、覗いてみて下さい。オンコールがないのも当ステーションの特徴です。

医療法人悠友会のスタッフ募集です。非常勤精神科医 募集要項

今回の募集は終了しました。ご応募ありがとうございました。

当法人の理念に共感して頂けることが条件です。

私たちは、医療モデルでも生活モデルでもなく、「人間モデル」という考え方で地域精神保健福祉を担っています。当法人の理念に共感していただき、高貴な志をもち、地域精神科医療・地域在宅支援サービスをチームで一緒に創り上げていける人、仲間とともに仕事ができる方を募集します。

私たちは、「人間として正しいことを正しいままに貫き通す」ことを合言葉に、スタッフ全員が「人間としての善悪を判断基準」に高貴な志を持った人間モデルの実践をしています。今は病院で働いているけど、地域精神保健福祉に興味がある人、知らないうちに周りに忖度しながら生きている(仕事をしている)自分に気づき、ハッとした人、本当の自分自身を生きてないことに気づいてしまった人、しっかり患者さんの暮らしまで感じたい人、一度しかない自分の人生を、高貴な志を持つ仲間とともに働きたい人、そんな想いを持たれている方、大歓迎です。

ぜひ一緒に、この町の在宅精神科医療を創っていきましょう。私たちはスタッフ全員のチームで活動します。ですから医師も含め、全スタッフがお互いを「さん」で呼び合います。まだまだ隙間だらけの地域精神科医療サービスの隙間を埋めるのは我々です。

入院が必要な場合など、他機関連携や段取りなどは在宅支援部門のスタッフが担当します。一緒に働く仲間を思いやることができる人、熱い想いをご持参ください。

診療は1時間 名~ 名程度のイメージです。また初診さんは30分程度のイメージです。だいたい半日(3時間) 人~ 人程度、1日 人~ 人くらいの患者様を担当していただきます。

医療法人悠友会のスタッフ募集です。非常勤医療事務 募集要項

今回の募集は終了しました。ご応募ありがとうございました。

メッセージ

私達は、包括的訪問活動により「生活支援」を通し「人間同志の繋がり」を基盤に、その人の人間力の回復のお手伝いをします。

「人間力の回復」を目指し、「人間モデルの実践」を一緒に活動できる明るい前向きな仲間を募集します。

私たちは固定概念や既成概念にとらわれず、自由な発想で活動します。

だから私たちにはヒエラルキーやセクショナリズムは必要ありません。

本当のチーム医療を目指すなら、その中に「先生」という呼称もいりません。

本気だからこそ、当院では医師も「先生」ではなく「さん」で呼びます。

私たちの活動の目的は、その人の「人間力の回復」と「幸せな人生への伴走」です。

我々は常にイノベーターであり続けるため、常識を一度疑い、壊すところから始めていきます。

困っている人がそこにいたら、何かお役に立てることはないだろうか、見て見ぬふりは出来ないよね、

と本質的な対人援助職を志した仲間の集まりです。

「人間学」をベースにそれぞれの基礎学問が、医学や看護学、社会福祉学であるだけです。

専門家をしたい人より、その人の人生の応援をしたい人の集団が我々です。

私たちの訪問スタイルは、その人の人間力に働きかけていきます。

「人は人でしか癒されない」と言う人間観をベースに活動しており、一緒に笑い、一緒に泣き、一緒に喜び、一緒に学び、まさに人情横丁ならぬ人情訪問が我々の訪問スタイルです。

今日も颯爽と軽自動車に乗り町の中を走り回ります。

具体的にどんな活動してるのかと言うと、孤立している人は、ラーメンを食べに行く事も実はままなりません。

そんな時は、私たちと一緒に行きましょう!!と働きかけていきます。

一緒にランチへ行ったり、ファミレスにお茶に行ったり、セブンイレブンの前でセブンカフェをしよみうりランドのイルミネーションに行ってた人もいたね。みんなでホタルを見に行った夜や、総勢50人でJALの工場見学ブログ企画にも行きましたね。

そう、我々はメンバーさん(私たちは患者さんとは呼びません)と色々相談しながら、「その人の大善」を一緒に考えるのです。

そして、その人がもう一度本来の自分を取り戻し、その人の考える夢のある未来を、人生を伴走します。

そんなスタイルが我々の訪問支援(訪問看護)です。
 

「生きる」とは何か、「一度しかない人生をどう生きるのか」、「生れてきたら必ず死んでいくと言う矛盾」

それでは「私たちは何のために生きるのか」、それこそが我々人間の最大のテーマなのではないでしょうか?

今は病院で患者さんと関わっているけど、もっと関わりの幅を広げてみたい…

街で暮らすメンバーさんの人生そのものにもっと寄り添いたい…

精神科って、もっと自由で面白くていいんじゃない?

調子を崩したメンバーさんの本人の気持ちを在宅リカバリーで支えてみたい!

街で暮らすメンバーさんと、もっと夢や希望、未来を語り合いたい!

一つでも当てはまったあなた!

私たちの活動に興味を持たれた方、ぜひご一報ください。

利用者様、患者様にはもちろん、スタッフにもワクワク・ドキドキを提供したいと考えています。

訪問看護ステーションウェリナは12名のスタッフで活動しています。

bottom of page